Top
Paris 2005 4ème jour Gérard Mulot
Paris4日目の朝。

今日は少しゆっくり、8時に目が覚める。
日に日に起床時間が遅くなっていくのは、体がパリ時間になりつつあるのだろうか?
外は薄日が射している。今日も晴れそうだ。しかし、紫外線が強いこの国では、曇っているくらいがちょうどよいのだ。
この2日間のお散歩ですっかり日焼けをしてしまった私は、顔中にブツブツが出来ている(紫外線アレルギーなのです)。
オットは…と言えば、昨日のレストランでエネルギーを使い果たしたらしく、抜け殻のようになってる…(笑)。

そして今日もマレに向かう。ヴォージュ広場を見ると、昨日の悪夢がよみがえる…。ううっ。
いいわけをするようだけど、近くには鳩の姿しかないのに、昨日の物体は明らかに鳩のそれではないのだ!!
いったいアレはなんだったんだ!? 糞じゃなくて木の樹液?(なわけないか…)
そんなわけで、ヴォージュ広場を遠巻きに見る私だった。


a0121482_8521726.jpg


ところで、ヴォージュ広場の周りにある瀟洒な建物の一角に、
3ツ星レストラン “L'Ambroisie(ランブロワジー)” がある。
超一流レストランであるにもかかわらず、ひっそりと静かな佇まいなのだ。
この中には、一体どんな世界が広がっているのだろう…?一度でいいから、ここで食事をしてみたいなぁ。
…と、妄想の世界に浸っていると、店の前に一台の車が停まった。
その車は、マレにあるブーランジェリー “オ・ルヴァン・デュ・マレ” の車。
ほほーん、このお店がランブロワジーにパンを卸しているんだな!
せめてパンだけでも、ランブロワジーの味を味わってみるか!?


a0121482_8583227.jpg


それからバスに乗り、サンジェルマンへ向かう。サン・シュルピス教会の前で降りると、
見覚えのある景色が広がっていた。
前回は、この辺りをかなり歩き回った。…はずなのに、よく道を間違えオットにつっこまれる私(笑)。
マレもいいけど、サンジェルマンもやっぱり素敵だなぁー。 “洗練” という言葉がピッタリな街だ。
サンジェルマンでは、買物したりカフェでお茶したり、楽しいひとときを過ごす。
そして今日は、ジェラール・ミュロでお惣菜を買って晩ご飯にしよう!ということでオットと意見が一致する。
他にもピエール・エルメのケーキと、オ・ルヴァン・デュ・マレのパンも買おう!と盛り上がる私達だった。

その前に、ル・ボン・マルシェへ。
やはり日本でもパリでも、つい足を運んでしまうのがデパート。
特に食料品売場に目がない。美味しそうなものが並んでいて、夢見心地になってしまう。
…というわけで、今回もたくさん買い込む。
フォアグラのパテやゲランドの塩、フェルベールのジャムや乾燥セップにエシレバターなどなど、たくさん買い込む!!

その後、ピエール・エルメへ。
店が小さいせいもあるが、さすが人気のパティスリー。店の外までお客さんの長い列が出来ている。
ショーケースに並んだケーキは宝石のような輝きを放っていて、あれこれと迷う。
流暢な日本語を話す店員さんに接客してもらい、無事買物終了。


a0121482_19312973.jpg


そして、最後にジェラール・ミュロへ。

夕方前だからかお客さんは少ない。
あいかわらず美味しそうなお惣菜が並び、今回もどれを買おうか迷ってしまう。
私達の相手をしてくれたのは、偶然にも前回購入した時と同じおじさんだった。
とっても陽気なそのおじさんは、ひとつ注文するたびにリアクションが大きくておかしい…。

オットの片言フランス語とジェスチャーで、買物は順調に進んだかのように見えた。
ラパンのテリーヌとサラダを選んだところで、とっても美味しそうなサーモンが目に入った。
フランスのお惣菜は(キロ単位で値段が書いてあることが多いので)
イマイチ値段が分からないなぁ… と思いつつも注文。
その後に悲劇が待っていようとは、 その時は知る由もなかった…。

そして会計用のレシートをもらうと、予想外(もちろん高い)の金額が!!
散々買物した後であり、お財布には40ユーロしか入ってないのだ!! 確かここはカードが使えなかったはず…(汗)。
オットとともに、冷や汗をかきながらレジへ行った(フランスは売場と支払いは別の場所である)。
すると、やっぱりカードが使えない!! 絶体絶命!!
この場は恥を忍んでお財布の中身を見せ、「これだけしか持ってない!!」 とアピールしてみた(オットが)。
すると、レジのおじさんは呆れ果て、品数を減らすように促すのだった…(泣)。

結局、サーモンの代金(35ユーロ)だけを支払うことに。
恥ずかしさとサーモンしか買えなかったことで、ガックリと肩を落とす私達。
意気消沈し売場に戻ると、例のおじさんが何やら話しながら品物の入った袋を渡してくれた。
すると…、袋の中には買わなかった(正しくは買えなかった?)はずのテリーヌとサラダも入っているではないかっっ!!
おじさんはジェスチャーで、「内緒だよ。バレたらクビになっちゃうからね!!」 とウインクしている。
なんていい人なんだ!! ありがとう~!! 私達があまりにしょんぼりしていたから、きっと同情してくれたんだー(涙)。
…というわけで、テリーヌとサラダをタダで頂いた私達。人のやさしさに触れて、とても感激した出来事だった。


a0121482_11484185.jpg

[PR]
by paris-papermoon | 2005-04-22 00:00 | Paris 2005

<< Paris 2005 5ème... Paris 2005 3ème... >>