Top
Paris 2009 3ème jour 聖ミカエルの山へⅡ 【Mont Saint-Michel】
今日は朝から何も食べていないのでお腹が空いたよ~。
ホテルの朝食は6時半からOKだったけど、なにせ集合が7時だったので食べられず…。
というわけで、早くお昼ごはんを食べに行きましょっ、と思ったらこの大混雑!


a0121482_234925100.jpg


バカンスシーズンでもないのに、この観光客の多さ。恐るべし、モン・サン=ミッシェル…。
まぁ急いでも仕方がないので、お土産やさんや食べ物やさんを冷やかしながら島内を散策。
しばらく歩くと、ガイドさんオススメのレストランを発見しました。


a0121482_23303189.jpg


喉が渇いたので、まずはシードルで乾杯♪すっきりとしていて美味しい~♥

コーヒーカップのような器はシードル専用のカップでボレ(BOLET)というらしい。
現地ではボレ=シードルのことなので、注文は「ボレ・シルヴプレ」でもOK。ちゃんと通じましたよ。


a0121482_034852.jpg


ムール・フリットとガレットを注文。
ムール貝は小ぶりだったけれど、魚介の旨味がたっぷりでいくらでも食べられそう!
ガレットも美味しかったな~♥

私達が食べたお料理は当たりだったけれど、お隣の席のご家族連れが食べていたパスタはとてもまずそうだった。
あきらかに茹で過ぎと思われるパスタはブツブツに切れていて、見るからにまずそう…(笑)。
フランスには美味しいイタリアンがあまりないと聞くし、実は麺類が苦手なのだろうか(!?)
ところで、オランダから来たというそのご家族、子供達がとっても可愛かった♥夫とともにメロメロ~。
夫が「まるで天使みたいだ!」と言ったら、お父さん大喜びしてたっけ…。

さて、お腹もいっぱいになったので、いよいよ修道院へ。
修道院へ向かうには長ーい階段を登らないといけません。先ほど摂取したカロリーを消費すべく、せっせと歩く。
ふぅー。


a0121482_0404477.jpg


左上:13世紀ゴシックの傑作といわれる回廊
右上:干潟を歩く人たち
左下:修道院の尖塔の大天使ミカエル
右下:満開の姫りんごの花

どこまでも続く干潟の中にポツンと佇むモン・サン=ミッシェル。
曇り空なので、空と海の境がないみたい…。
晴れた日はとても美しいのだろうけれど、MSMにはなんとなくこのグレーの空が似合う気がする。
ノスタルジックで少し寂しい感じ…。

MSMの周辺の干潟は結構危険らしく、専門のガイドさんがいないと歩けないんだとか。
この辺りは干満の差が激しく、昔は満潮時の波にのまれて命を落とした巡礼者がたくさんいたのだそう。
現在は堤防があるのでそんな危険はなくなったけれど、反対に近年はその堤防により
潮流が変わってしまい問題になっているんだとか…。
そんなわけで、MSMは昔の潮流を取り戻すべく、新しく橋を作る工事が行われております(だれ?)。

次に来るときには、海に浮かんだモン・サン=ミッシェルが見たいなぁ…。


a0121482_13492614.jpg


あっという間に3時間が経過。MSMを後にし、Parisへ戻ります。
小さくなるモン・サン=ミッシェルに、「また来るね」と約束しながら…。

帰りも4時間半の旅。
ガイドさんから100年戦争のことやジャンヌ・ダルクの話を聞きながら、ジャンヌの生きた時代に想いを馳せます。



a0121482_144198.jpg




21:00 Parisに帰ってきました。

解散場所の近くに、ジャンヌがParisでの戦いで足を怪我したという
場所があるので行ってみました。
(映画「ジャンヌ・ダルク」にも少しだけそのシーンがあります。)
ちゃんと記念碑がありました。ちょっとコワイ…(笑)。


時間も遅かったので、夕飯はオペラのMONOPRIXで調達。ホテルで頂きました。


a0121482_1562141.jpg


こうして長い一日が終わりました。
疲れたけれど、充実した一日でした。今夜はグッスリ眠れそう。
いつかまたモン・サン=ミッシェルに行ける日を夢見て、眠りにつきます。zzz…



[PR]
by paris-papermoon | 2009-06-29 00:00 | Paris 2009

<< Paris 2009 4ème... Paris 2009 3ème... >>