Top
Paris 2009 5ème jour 料理とワインのハーモニー 【Les Papilles】
さて、これから楽しみにしていたレストランへと移動します。

サン・ジェルマン・デ・プレ駅からMétro4号線でサン・ミッシェル(St-Michel)駅へ。
そこからRER-B線へ乗り換えてリュクサンブール(Luxembourg)駅にて下車。

向かった先はParis5区のゲイ・リュサック通り(Rue Guy Lussac)にあるレ・パピーユ(Les Papilles)
ここはタイユヴァンでシェフパティシエをしていた方が開いたWine Barで、パリジャンにも大人気なのだとか!
どんな美味しいものがあるのかな。楽しみ~♪


a0121482_21143587.jpg


店内に入ると、まず左手の棚一面に並べられたワインが目に入る。ぎっしりと並べられていて圧巻!
そしてその横にはテーブルがピタリと配置され、そのひとつひとつに赤いカラーの花が飾られている。

予約をしていた19時半ピッタリに到着したら、またも一番乗りだった私達。
夜のメニューはコース料理一種類のみ。お店のオーナーが今日のメニューを英語で説明してくれた。
好きなものを選べないのは残念だけれど、選ぶのが面倒な時は楽でいいかも(ってどっちやねん!)。

さて、メニューを聞いたらお楽しみのワイン選び。
ワインには一本一本、店頭売りの値札が付いていて、プラス7€で食事と一緒に楽しむことができる。
そんなわけで、夫は棚のワインを真剣な顔で吟味中。ここはおまかせすることにしよう…。


a0121482_2115164.jpg


Entréesはグリーンピースの冷製スープ。

まずは具が入ったお皿が運ばれてきた。クリーム状のチーズやクルトン、ラディッシュなど、彩りも美しい。
それから大きな器にたっぷりと入ったスープが運ばれてきた。そして自らスープを注ぐ。


a0121482_21151765.jpg


ジャジャーン。スープを注いだらこんな感じ。これがたっぷり一人2杯分入っています。
グリーンピースとクリームチーズがよく合っていて、とっても美味しいー♥
これだったら、グリーンピースが嫌いな人でも大丈夫なんじゃないかと思う。
クルトンやラディッシュなどの食感の異なる素材がアクセントになっていて、美味しい。


a0121482_21155467.jpg


さて、そうこうしているうちにPlats登場。

今日のPlatsは子羊のロースト、ラタトゥイユ添え。
大きな銅製のココットに、たっぷり入ってやってきた!これまたボリュウム満点!!


a0121482_211697.jpg


ここでも、盛り付け担当は夫(フランスでは当たり前)。

あぁ、もう言葉はありません…(笑)。とにかく美味しかった!!
アニョーが苦手な私でも、ペロリといけちゃうくらい。ラタトゥイユも野菜の味がしっかりして、とっても美味。
お料理のひとつひとつがワインによく合うように作られていて、ワインがどんどんすすんじゃう!


a0121482_21162268.jpg


いつのまにか満席の店内。
予約をしていなくて断られている人もたくさんいて、予約をしておいて本当に良かったと胸を撫で下ろす。
店の奥の棚にはジャムやマスタード、パテなどのお惣菜が並んでいて、食事の合間に物色するのも楽しい。


a0121482_21164026.jpg


Fromageにはリンゴのジャムが添えられて。


a0121482_2117270.jpg


Dessertはcrème brulée。クリームが濃厚で美味しかった~。

そんなこんなで大満足のレ・パピーユのディナー。
この日のコースはEntrée+Plat+Fromage+Dessertの4品で31€でした。
棚に並んでいたラパンのパテも一緒にお持ち帰りにして、合計103€。ラパンのパテは帰国してからのお楽しみ~♪
お店の人も感じが良かったし、次回Parisを訪れた時はまた来ようっと!


a0121482_23175755.jpg


RERとMétroを乗り継いで、コンコルド広場まで戻ってきました。

幻想的なオレンジ色の光に包まれたParisの空を、夫と共にうっとりと眺めました。
またこうやってParisを訪れることが出来たことに、そしてParisでの楽しい毎日に感謝しながら…。
明日は晴れるといいな♪



[PR]
by paris-papermoon | 2009-07-16 00:00 | Paris 2009

<< Paris 2009 6ème... Paris 2009 5ème... >>