Top
Paris 2009 6ème jour 名画に酔いしれる午後Ⅱ 【Musée d'Orsay】
つづいて上階へ。

上階もモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ、ドガなどの素晴らしい作品が並びます。
絵画にそう明るくない私でも知っている有名な作品ばかり!!


a0121482_19565824.jpg


ゴッホが亡くなる直前に描いた『オーヴェル・シュル・オワーズ教会』。
暗い印象を受けることもありますが、色彩が美しくて私は好きです。
不遇の人生を送ったゴッホ。一体どんな気持ちでこの絵を描いたのかな…。


a0121482_1957525.jpg


モネの『日傘の女』

右向きと左向きの絵が並べて飾られています。
フランス人が日傘を差すなんてめずらしい…なんてこの絵を見て思うのは、私だけでしょうか!?
モネの妻が亡くなった後に描かれたこの2点の作品には、人物の顔が描かれていません。
最愛の妻を亡くした悲しみで描くことが出来なかったとも言われていて、なんだか切ない…。


a0121482_1958369.jpg


大好きなシスレーの絵。
『洪水と小舟』の絵も見られて嬉しかったな。


a0121482_2042420.jpg


ルノワールの『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』
なんて楽しくて幸せそうな絵なのだろう! この絵の中に入って一緒に踊りたくなるようだわ♥
木漏れ日の光がとっても美しくて、しばらくぼーっと眺めてしまいました。


a0121482_202277.jpg


上階から全体を見渡したところ。

オルセーの建物は趣きがあってとても素敵です。空間そのものを楽しめるMusée。
アーチ型のガラス張り天井からは自然光が差し込み、とても美しい…。
次回は中階にあるエレガントなレストランで食事をしたいな(また来る気マンマン)。


a0121482_19595448.jpg


中階にあるフランソワ・ポンポンの『白熊』

なんてカワイイの♥♥
ここまでシンプルな曲線で白熊を見事に表現しているのはスゴイ!!の一言です。
ポンポンという彫刻家の名前自体がカワイイ。ふふ。


a0121482_2001482.jpg


そして最後はロダンの『地獄の門』

結局、閉館時間ギリギリまでオルセーを堪能しました。
(最後にトイレに行ったら閉館時間になり締め出されました。笑)
でも3時間の滞在はやっぱり短かったな。次回はもっとゆっくり時間をとって訪れたい!

宝の山だったオルセー美術館。やっぱりParisの美術館はスゴイ! と感じた一日でした。



[PR]
by paris-papermoon | 2009-07-30 00:00 | Paris 2009

<< Paris 2009 7ème... Paris 2009 6ème... >>