Top
Paris 2009 7ème jour モネの愛した睡蓮 【Musée de l'Orangerie】
ロダン美術館を出た後は、またMétroを乗り継ぎコンコルド駅まで戻ってきました。

先日来た時はどんよりした空が広がっていたチュイルリー公園。
今日は久しぶりに青空が広がり、公園は日光浴を楽しむ人達で溢れている。
池の周りに配置された椅子は満席だし、ちょっとした半裸祭り(笑)。みんな太陽が大好きなのね。


a0121482_22422773.jpg


ヨーロッパの日差しは日本のそれよりとても強く、晴れていると眩しくて目を開けていられないほど。
欧米の人達が日頃からサングラスをしているのは、必要に迫られてというのもあるのかもしれないな。

さて、向かった先はモネの『睡蓮』があることで有名なオランジュリー美術館(Musée de l'Orangerie)
今回の旅で一番楽しみにしていたMusée。
…というのも、過去2回のParis旅行では、改装中のためここに来ることは叶いませんでした(涙)。
そして2006年にようやく再オープン。生まれ変わったオランジュリー。楽しみ!!

オランジュリー美術館は、もともとチュイルリー宮殿内にあったオレンジを栽培するための温室だった場所。
それがモネの大連作『睡蓮』を収めるために、美術館として生まれ変わったんだとか。
それでオランジュリー美術館なんですね(オランジュはフランス語でオレンジのことです)。

では、さっそく中へ入ってみましょう!


a0121482_23304338.jpg


「水のエチュード 夕日」

睡蓮の間はモネの睡蓮が4枚ずつ、ふたつの部屋に分かれて展示されています。
まず最初の部屋で目に飛び込んできたのがこの『夕日』でした。

4年前、マルモッタン美術館でもモネの睡蓮を観ましたが、こんな色彩は初めて!
70歳を過ぎて、家族の死や自らの失明の危機など度重なる悲劇に見舞われたというモネ。
白内障の手術を受けて、ようやく光を取り戻したモネが見た睡蓮の池はこんなに光り輝いていたのかな…。


a0121482_23581410.jpg


「水のエチュード 雲」


a0121482_014588.jpg


「水のエチュード 緑の反映」


a0121482_0213233.jpg


「水のエチュード 朝No.1」

この睡蓮が一番好きだったなぁ。

朝日を浴びて、水面にきらめく光と睡蓮の花。
まるで自分がジヴェルニーの庭にいるような、そんな気さえしてきます。


a0121482_0252791.jpg


睡蓮をアップで。
間近で見ると、水面の微妙なうつろいが細やかなタッチで描かれているのがわかります。
絵画にはガラスなど何も設置されていないので、至近距離でその作品を眺めることができるのです。
はぁ~、なんて素晴らしい環境なのでしょう!!

Parisの美術館の多くが、フラッシュ無しであれば写真を撮ることが可能です。
懐の広さを感じますね。

では、次の部屋へ行ってみましょう♪


a0121482_0394012.jpg


「水のエチュード 2本の柳」

睡蓮が収められている部屋は、天井から自然光が降り注ぎ、陽光溢れる空間となっていました。
光の入り方や時間によって表情を変える睡蓮を楽しむことができます。
きっとモネも喜んでいるでしょうね。
人が少なくてゆっくりと鑑賞することが出来たので、私もしばらくぼーっと作品を眺めていました。
椅子に座って睡蓮に360℃囲まれていると、まるでジヴェルニーの池に漂っているみたい…。


a0121482_113420.jpg


「水のエチュード 朝の柳」


a0121482_183472.jpg


「水のエチュード 朝No.2」

この大作を完成させるために白内障の手術を受け、死の直前まで筆を入れ続けたというモネ。
そんなモネの最後の睡蓮を観ることができて本当に良かった…。
ここへ来て心からそう思いました。

オランジュリー美術館の地階には、「ジャン・ヴァルテールとポール・ギヨーム・コレクション」として
ルノワール、モディリアーニ、マチス、ローランサン、セザンヌ、ルソーなどの作品も展示されています。
こちらも素晴らしい作品ばかりで、見どころ満載。
印象派から近代絵画まで、充実したコレクションでかなり見ごたえがありました。大満足♪

念願のモネの睡蓮を満喫し、ほくほくしながらオランジュリーを後にした私達でした。



[PR]
by paris-papermoon | 2009-08-18 00:00 | Paris 2009

<< Paris 2009 7ème... Paris 2009 7ème... >>